[株式指標] ROEとは? ROAとは?

LINEで送る
Pocket

四季報や証券会社の株式情報には指標の一つとして「ROE」や「ROA」というものがあります。
内容を簡単にまとめて見ます。

ROE(株主資本利益率)

株主資本(株主が出資した資本金・資本準備金・利益)を利用してどれだけ利益が上がっているかを計算式「当期純利益÷株主資本」で求めます。
「集めたお金で利益をしっかり上げているか」を表す指標です。

高い:資金をうまく使って利益を出せている。
低い:資金がうまく使えてなく経営に課題がある。

ROA(総資産利益率)

総資産(現金や貸付金などの流動資産や建物や著作権などの固定資産)を利用してどれだけ利益が上がっているかを計算式「当期純利益÷総資産」で求めます。
「所有している道具で利益をしっかりあげているか」を表す指標です。

高い:資産をうまく使って利益を出せている。
低い:資産をうまく使えてなく無駄な資産や経営に課題がある。

まとめ

ROE、ROAともに「○○%」以上なら良いとは言い難い指標です。
判断する場合は前年度や予実値での増減や、同業種間での増減状況をチェックすることで良い会社か判断ができるようになると思います。
簡単ではありませんが、次回は他の指標も見て行きたいと思います。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です