アフィリエイトのテーマ選択の3ステップ

LINEで送る
Pocket

アフィリエイトってだたブログに広告を貼るだけではダメですよね。
広告なので多くの人が集まることが前提になります。
ではどういったサイトにすれば多くの人が集まるのか考えてみます。

自分の日記を書いていたのでは、相当な有名人でははない限り人は集まらないですよね。
ではどうやって集めるか?それは人が興味がある内容のテーマに絞って記事を書くことです。
どんなテーマがよいのか?それは自分が興味のあるジャンルから始めれば良いと思います。

自分はこのサイトに加えてもうひとつのサイトでブログを書いています。
ジャンルが全く違うため2つに分けているのです。

step1. ジャンルを書き出してみる

自分が興味のあるジャンルのキーワードを書き出してみます。
とりあえず10個ぐらい上げてみましょう!

step2. キーワードボリュームを調べる

書きだしたキーワードに対してどれぐらいの人がネットで検索しているかを調べます。
調べるときはGoogle Adwordsを利用します。

Google Adwords

ログインしたら、メニューから「運用ツール」-「キーワードプランナー」を選択します。
キーワード欄に先ほど洗い出したキーワードを一つ入れて検索します。

検索結果から「キーワード候補」を選択すると、対象キーワードの月間検索するが表示されます。
「アフィリエイト」で検索した場合、9万を超えているのでかなりの量で検索されているキーワードになります。

「ダイエット」で検索してみると60万件を超えています!
しかし、「ペタンク」で検索してみると8千件しかありません。

極端な例ではありますが、「ペタンク」のサイトを作ると月間8千人、「ダイエット」のサイトを作ると月間60万人がサイトへ訪れる期待人数になるのです。
なので必ずしも自分の興味があるテーマが検索ボリュームが少ないと、せっかくサイトを立ち上げても、なかなか人が訪れてくれないサイトになってしまうかもしれません。

関連キーワードを洗い出す

だいたいサイトのテーマとなるキーワードが見つかったら、テーマに関連するキーワードをさらに深堀します。
どうやって深堀するかはAdwordsの「キーワード候補」をよく見ると「キーワード(関連性の高い順)」にかかれています。

例えば「アフィリエイト」であれば以下のようなものになります。
※実際には「アルバイト」や「求人」が上位にあるのですが、自分の書きたい内容とは系統が違うので除外します。
・副業:74,000
・ネットビジネス:14,800
・ネットで稼ぐ:9,900

このキーワードが後々、記事を書くときのポイントになるので、メモしておきましょう。

step3. まとめ

簡単ですがキーワードの選定方法をまとめてみました。
自分の思いが熱くても検索されなければ始まりません。
Google Adworsをうまく使って、自分のテーマとテーマにあった関連キーワードをまとめてみてください。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です