ホームページ作成に役立つ!1,300点のストックフォト「PIXTA」とは?

LINEで送る
Pocket

PIXTAとは?

日本で運営されているストックフォト「PIXTA」は出版物やWeb製作で利用可能な写真やイラスト、動画コンテンツを販売するオンラインマーケットプレイスです。
コンテンツ数は13,00万点以上あり、仕事でデザイナーさんにお会いして話を聞くと「PIXTA」を利用されている方が多く、そういった点でもコンテンツの質の高さが伺えます。

ストックフォトに登録されているコンテンツはクリエイター17万人にて日々アップされています。
ただ、アップされたコンテンツはすぐに公開されるのではなく、PIXTAによって審査が行われ承認されたもののみが公開されます。
審査基準は「画像の質」「著作権違反がない」などいろいろなチェックがされ承認されるため「画像を購入したけど質が悪い・使えない・・・」といった心配はないです。

コンテンツ内容

  • 写真(Web用、はがき用、出版用といろいろなサイズがあります)
  • イラスト(PNGだけではなくベクター素材もあります)
  • 動画(Web用に限らずTVやCMでも利用出来ます)

用途例

  • 出版物
  • Web
  • テレビ番組
  • スマホアプリ
  • 電子書籍
  • 販促用媒体(POP、カタログ、看板、CM制作)

利用者

  • 法人利用可能(広告代理店・制作会社・各業種の制作担当など)
  • 個人利用可能(アフィリエイター・フリーランスのデザイナー・年賀状など)

価格

単品購入

サイズ 価格 用途
S ¥540 Web用
M ¥1,620 はがき/A5印刷用
L ¥3,240 A4印刷用・パンフレット
XL ¥5,400 A3~印刷用
V ¥3,780 ベクター素材(EPS)

定額購入

プラン 価格 更新頻度
25ダウンロードプラン
※毎日25点ダウンロード可能
¥29,700 / 月 1年更新
同上 ¥37,800 30日更新
250ダウンロードプラン
※30日間で250点ダウンロード可能
¥58,320 30日更新

※定額購入であれば、1枚あたり「39円」からの利用が可能になります。

まとめ

ストックフォト「PIXTA」は仕事で知ったのですが、写真販売のイメージが強かったです。
しかし、イラストや動画コンテンツも提供しており、スマートフォンアプリ開発のアイコンでは重宝しそうです。
今回は利用者の立場で掲載いたしましたが、次回はクリエイターの立場でPIXTAを見てみたいと思います。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です