money

クラウドファンディングとは?

LINEで送る
Pocket

新聞を読んでいて丸山珈琲が鎌倉店出店にむけて「クラウドファンディング」で資金調達という記事があった。
「クラウドファンディングってなに?」と思い早速調べてみることに。

クラウドファンディングの仕組み

一般に製品開発やイベントの開催には多額の資金が必要となるが、クラウドファンディングでは、インターネットを通じて不特定多数の人々に比較的少額の資金提供を呼びかけ、一定額が集まった時点でプロジェクトを実行することで、資金調達のリスクを低減することが可能になる。ソーシャルメディアの発展によって個人でのプロジェクトの立ち上げや告知が容易になり、それに呼応する形でクラウドファンディングによる資金調達が活発になりつつある。
– wikipediaより引用

通常の証券会社経由で行う株の売買とはことなり、企業の資金調達の目的(=プロジェクト)が明確なのですね。
では投資する人たちのメリットはなんでしょうか?

寄付型 文字通り寄付のため投資家に対するリターンがない
投資型 金銭的なリターンが発生する
購入型 プロジェクトに対する権利や物品のリターンが発生する

しかし、日本では資金決済法で個人間の送金に制限があるようで「投資型」は少なく、「購入型」が多いようです。
実際に運営サイトの「セキュリティ」を見てみると特典としては以下の4点でした。

  • ものがもらえる
  • イベント参加
  • 割引
  • 名前を掲載

丸山珈琲のプロジェクトは?

ValuePress!「軽井沢発・高品質スペシャルティコーヒーの全国展開丸山珈琲の厳選コーヒーファンド鎌倉店~ふるさと投資で地方中小企業の挑戦をサポート・地方創生へ~」

【ファンド概要】

丸山珈琲の関東進出3店舗目となる鎌倉店の出店に伴う設備・改装費等を1口5万円、300口合計1500万円を募集します。鎌倉店3年間の売上から出資者には分配を行うほか、 1口5万円あたり1万円相当の出資者の方には限定スペシャリティ珈琲詰合せセットをご送付致します。

【ファンド利用目的】

①理念に共感するファンづくり:丸山珈琲では、前払いで支払いを行うことで、厳しい生産者の方の生活の安定化に貢献し、それにより高品質のコーヒー豆の安定買付ができるようにすることを大切にしています。スペシャリティ珈琲の味だけでなく、生産者の置かれている現状や本事業の社会的な意義も含めてご理解頂けるファンの方を出資者を通じて増やしたいと考えています。
②長期資金の調達:丸山珈琲では通常は4か月後の後払いのところ、前払いしているとともに、コーヒー豆は基本的に1年に1度しか生産されないため、1年分を1度にまとめて購入します。今後も生産者にそのような取引を継続し、さらにリアル店舗の展開を今後増やす上では、理念に共感してくれた上で一定期間後に事業売上に応じて分配を行えるファンドの活用は事業展開上有効です。

目的 コーヒー豆の購入
単価 52,850円
特典 10,000円相当のコーヒーセットなど

まとめ

資金調達にもいろいろあるものですね。
少しネットで調べてみるとクラウドファンディングを運営しているサイトがいくつか見つかりました。

意外と国内でも活発だったんですね。知りませんでした。
比較的、「購入型」が多いため金額に見合った投資なのか?と思いましたが、いろいろなプロジェクトを眺めていってみたいと思います。

いろいろな記事を見ていて、ミキハウスの「坂本達さん」を思い出しました。
坂本さんは自ら資金集めをしていましたが、そういった取り組みも今では運営サイトを通してネットでできるのですね。
もしクラウドファンディングのプロジェクトで投資することがあれば、ブログで紹介したいと思います。
自分がプロジェクトを提案する日・・・あるのかな〜

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です