[書籍紹介] 会社四季報超活用法(東洋経済新報社)

LINEで送る
Pocket

株式投資を初めて一番最初に感じた事が「どうやって会社を選べばいいのか?」です。
自分の知っている企業や業種で選ぶと限られてしまいます。チャートだけ見ていても本当に良い会社かわかりません。
そんな時であったのが東洋経済新報社が出している「会社四季報超活用法」です。

ネット証券を始めたことで、株の情報もネットで集めると考えていましたが、証券会社のページを見ても、どうやって良い会社を探せば良いのかよく分かりません。。。
日経新聞読めばいいのか?各社のホームページをチェクすれば良いのか?一体どうやって企業を選ぶのか?どうやって投資家の人は選んでいるのか?が気になり、調べていたところこの本に出会いました。
この本には年に4回発行される「四季報」を使って良い会社を探すポイントが紹介されています。

1.ざっと企業に目を通し評価点(会社比強気)の高い会社を洗い出す。
2.業績数字をチェクし銘柄を絞り込む。
3.銘柄の記事とチャートをもとに投資対象になるか最終決定する。

これら過程でのチェックする点や、四季報を読むポイントが多数掲載されている本です。
ぜひ、「何を買えばよいかわからない」人にはおすすめの一冊です。

目次

第1章 最初にみるべきは、どこ?
第2章 基本のキホン 会社のことを知るには?
第3章 健全な会社はどう探す?
第4章 儲かっている会社はどう探す?
第5章 将来性のある会社はどう探す?
第6章 株価を動かすのは何?
第7章 売買チャンスはどうつかむ?
第8章 お宝株を見つける裏技は?

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です