現金とクレジットカード

LINEで送る
Pocket

クレジットカードは利用後に請求が発生するのと、見えないお金を使うことでの不安から、敬遠される人もいます。
自分も最初は同じでしたが、「ポイント」の利用を知ってから積極的に使うようになりました。

重要なのは共通ポイント

お金は使った場合に通常はキャッシュバックが発生しません。
唯一あるとしたらお店などの会員カードによるポイントがあります。
ただ、このポイントは店単位、個人単位であり、ポイントの蓄積や利用の制限があります。
それに比べると、クレジットカードは利用制限はあるものの、ポイント蓄積が一本化できるメリットが大きいです。

手数料の理解

クレジットカードには「年会費」と「手数料」の2つの費用が発生します。

年会費はカードによって無料の部分もあります。
手数料は「分割回数」や「リボ払い」などのある条件を満たした時に発生ます。

手数料が発生すると、せっかく貯めいているポイントも意味がなくなってしまう。
重要なのは「手数料」を理解し、発生しないようにカードを利用するのがポイントです。

利用額の把握

やはり見えないお金を使うのは利用額を把握することが出来なくなってしまいます。
まずやるべきことはカードで「利用可能な金額」を明確にすることと、「定期的な利用額」をチェックすることです。
自分の場合、上限は払える金額の8割ぐらいを上限としていますし、定期的のチェックは慣れてくると週一から月一に変わってきました。

まとめ

次回からはいくつかのカードをピックアップして、ポイント・手数料・利用内容の3項目で整理していきたいと思います。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です