単元未満株で株始めます その2.各社のサービス比較

LINEで送る
Pocket

前回(単元未満株で株始めます その1.ミニ株と何が違う?)は株式売買の種類をまとめました。
今回は証券会社による単元未満株のサービスについてまとめてみたいと思います。

※この比較は「2015年8月28日」時点のものになります。以降変更があるかもしれませんので、必ず各証券会社のホームページも参照してください。

証券会社の単元未満株サービス概要

会社名 名称 購入単位 注文値段 名義 単元株振替
SBI証券 S株 1株〜 成行 本人 あり
カブドットコム プチ株 1株〜 成行 本人 あり
マネックス証券 ワン株 1株〜 成行 本人 あり

概要だけみると各社での差はないですね。

取引銘柄

実際に購入できる株式を見てみます。

項目 S株 プチ株 ワン株
○:買付・売却可能、△:売却のみ可能、×:買付・売却不可
東証(1部/2部)
マザーズ
JASDAQ
名証(1部/2部)
セントレックス
福証
Q-Board ×
札証
アンビシャス ×
海外 × × ×

買付ではSIB証券が東証のみのため、他と比べると銘柄数は変わってきますね。
銘柄数で見るとカブドットコムが一歩リード?
海外銘柄はどの証券会社も取り扱えないようです。

注文時間と取引時間

名称 注文時間 取引時間 約定値段
S株
(SBI証券)
00:00〜10:30 当日後場 始値
10:30〜15:30 注文停止
15:30〜21:30 翌営業日前場 始値
21:30〜24:00 翌営業日後場 始値
休日 翌営業日後場 始値
プチ株
(カブドットコム)
00:01〜10:00 当日後場 始値
10:01〜23:00 翌営業日前場 始値
23:01〜24:00 翌営業日後場 始値
休日 翌営業日後場 始値
ワン株
(マネックス証券)
00:00〜11:30 当日後場 始値
11:30〜15:30 注文停止
15:30〜24:00 翌営業日後場 始値
休日 翌営業日後場 始値

前場での取引はSIB証券とカブドットコムが可能です。
カブドットコムは注文ができない時間帯がなく、いつでも注文を入れられるメリットがありそうですね。

ネット注文手数料

会社名 名称 手数料
SBI証券 S株 約定代金×0.5%(税抜き)
最低手数料:50円
カブドットコム プチ株 2万円まで100円(税抜き)
以降は1万円ごとに67円加算(税抜き)
マネックス証券 ワン株 約定代金×0.5%(税抜き)
最低手数料:48円

これだと、ぱっと見てもどれが良いのかわかりにくいので、取引例でまとめてみます。

名称 3千円 1万円 3万円 5万円 10万円
S株 50円 50円 150円 250円 500円
プチ株 100円 100円 167円 301円 636円
ワン株 48円 50円 150円 250円 500円

実際の取引額で比べてみると、カブドットコムは若干高めですね。

まとめ

いろいろ比較してみると特徴が見えてきました。
銘柄数+注文時間の「プチ株」か?手数料の「S株」か?
といった切り分けになるのかと思います。

次回はいよいよ単元未満株買ってみたいと思います。
購入先はNISA口座を開設しているS株の予定です。


株式投資初心者のためもし記載にあやまりがあったら指摘もらえると嬉しいです!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です