東証一部とジャスダックって何が違うのか?

LINEで送る
Pocket

9月9日に「パズドラ」の提供会社であるガンホー・オンライン・エンターテイメントがJASDAQ(ジャスダック)から東証一部へ変更すると発表しました。
そもそも、JASDAQと東証一部がどう違うのかを知らない自分にとって、どんなメリットがあるのかよくわかりませんでした。
そこでまずは日本の証券取引所についてどういったものがあり、その特徴を整理してみたいと思います。

日本の証券取引所

大きく分けると大企業・中堅企業・成長企業・ベンチャー企業の4つに分類されるようです。

証券取引所 大企業向け 中堅企業向け 成長企業向け ベンチャー企業向け
東京 市場一部 市場二部 マザーズ JASDAQ
名古屋 市場一部 市場二部 セントレックス
札幌 本則市場 アンビシャス
福岡 本則市場 Q-Board

JASDAQはさらに以下の2つに分類されているようです。

スタンダート 事業規模と実績を有する成長企業
グロース 将来の可能性に富んだ企業

また、東京証券取引所には特定投資家のみで運営される「TOKYO PRO Market」という市場もあるようです。

各市場の企業数

各市場の企業数を見るとやっぱり東京証券取引所(東証)がほとんどですね。
日経平均も東証一部の銘柄225銘柄で作成されているのも納得です。

東証一部 1903
東証二部 545
マザーズ 214
TOKYO PRO Market 13
JASDAQ(スタンダード) 772
JASDAQ(グロース) 44
名証一部 191
名証二部 91
セントレックス 13
札幌 51
アンビシャス 6
福岡 101
Q-Board 11

上場するメリットってなに?

上場するにも以下のような数十万〜数百万の費用がかかるようです。

イニシャル 審査料
新規上場手数料
ランニング 年間上場料
上場手数料

これだけの費用を出して上場するメリットってどんなものか?
日本取引所グループの記述をまとめるとこんな感じです。

  • 資金調達の円滑化・多様化
  • 企業の社会的信用力と知名度の向上
  • 社内管理体制の充実と従業員の士気の向上

まとめ

いろいろ調べてみて自分個人の感想ですが、ガンホーが東証一部へ変更されることによってメリットとしては、ベンチャー企業から大企業への企業イメージアップが大きいのかなと思いました。
発表後の翌日の株価も一気に上昇しているところから、市場を変更するというのは期待があるのかもしれません。
ただ市場変更するだけではなく何か他の目的もあると思います。
しばらくガンホーのニュースや株価状況を見て行きたいと思います。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です