アフィリエイトに欠かせない分析ツールを入れる

LINEで送る
Pocket

メールアドレスの準備、サイトの準備ができたら、次は分析ツールの導入です。
自分は書籍など情報量も豊富な「Google Analytics」と「Google Search Console」を導入しています。
まずはそれぞれがどんなツールなのか自分なりに説明しています。

Google Analyticsとは

自分のサイトに対して、どのページから入ってきて、どのようにページ遷移をしたか?ページをどれぐらい見ているか?を分析出来ます。
このツールを利用することで、サイトへ訪れた人がどのような点に興味を持っているかを知ることで、自分のページの改善をしていくことが出来ます。

実店舗で例えてみると、「自分のお店に入ってきた人がどういう特徴があって、どういった物に興味を示すか。」を分析するためのツールです。

Google Seach Consoleとは

最近名称が変わったので、おそらく「ウェブマスターツール」という名称のほうがメジャーかもしれません。
これはGoogleで検索して自分サイトが検索結果にどう表示されているか(検索順位、クリック数など)が分かります。
これにより自分のターゲットとしているキーワードが希望する表示順位やクリック数になっているか?など分析することが出来ます。

実店舗で例えてみると、「どれぐらい目立つ位置に店舗があって、どれぐらいの人がウィンドウを見てくれているか。」を分析するためのツールです。

まとめ

書籍などを見ると「Google Analytics」によるサイト分析が多いのですが、サイト開設時はそれほど流入(セッションやページビュー数)は発生しないのが実情です。
なのでサイト開設当初は「自分の想定しているキーワードで検索されているか?」「検索されている場合どれぐらいの順位か?」が重要なので「Google Seach Console」のほうが重要だと自分は感じています。
逆に「Google Analytics」は流入が一日に300セッションぐらいにならないと分析にならない部分もあるかもしれません。

なので自分は以下の順番で進めるのが良いと感がています。

  1. 「Google Analytics」「Google Search Console」を導入する。
  2. 「Google Search Console」を使って流入数を上げるためのキーワードやSEO対策見直しをする。
  3. 「Google Analytics」を使って人気記事のチェックや流入などをチェックし更にPV数やCV数を増やしていく。
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です